図書館教育

富士見小学校で力を入れている活動に図書館教育があります。
貸し出し率日本一の富士見町の図書館と協力して本の好きな子どもたちになってもらいたいと願っています。

図書館には,
楽しい本との
出会いが
いっぱい
本を読みたくなるような
図書館の入り口です。
ろうかの壁には、
「図書館に来てね。」
地域の方からの
寄贈本コーナーも
あります。
読書週間中の朝の
子どもたちの読書風景
です。
図書委員会の
子どもたちが
本の貸し出しをします。
「どんな本が入ったかな」
新刊本のコーナーは
みんな楽しみです。
図書館の時間には、
図書館の先生が
紙しばいを読んでくれます。
「スペシャル読書ポスター」 先生たちが読み聞かせをするときのために描いたポスターです。
読書旬間にはスペシャル読書があります。1階大廊下にポスターが張り出されます。 先生方が,1冊ずつ本を紹介し,朝の時間に読み聞かせをしてくれます。 たくさんあって迷ってしまいますね。
「パネルシアター」(図書委員会)
読書旬間の企画です。休み時間にパネルシアターが計画されていました。 受付でハンコを押してもらい,視聴覚室にたくさんの子どもたちがかけつけました。 図書委員は,今までの練習の成果を出し,わかりやすくパネルシアターをしていました。 お昼の放送では,物語コンクールで選ばれた作品が,朗読されていました。これからの企画も楽しみですね。