平成28年 3月 3日(木)

「小魚を食べる」


五目うどん
煮干とじゃがいもきんぴら
白和え
牛乳
 
使用食材産地
【ごもくうどん】 【煮干しとジャガ芋のきんぴ】
 強力粉(1等)主食扱い  じゃがいも 北海道函館
 食塩(茹で後は80%溶出  かたくちいわし(いりこ) 国内
 豚肩(脂身付き) 長野  ごま油
 にんじん 千葉  清酒(上撰)
 油揚げ 原材料産地カナダ  こいくちしょうゆ 長野
 干し椎茸 国産  三温糖
 水  ごま(いり)白
 だしパック  とうがらし(粉)
 こいくちしょうゆ 長野
 塩 瀬戸内 【白和え】
 上白糖  ほうれんそう 群馬
 本みりん  にんじん 千葉
 ねぎ 群馬利根川  つきこんにゃく 原材料産地群馬
 ロースハム 神奈川
 木綿豆腐 原材料産地長野
 ごま(すり)白
 キユーピーエッグケア
 上白糖
 うすくちしょうゆ 長野

牛乳は長野県産65%、八ヶ岳周辺(山梨県北杜市)35%の合乳です

小魚家庭でも積極的べてほしい食品です。小魚などに豊富まれるカルシウムは、丈夫をつくるために必要栄養素です。成長期たちは、丈夫をつくるために、食べ物からたくさんのカルシウムをとる必要があるからです

また、日本人はから小魚を食べてきました。現在は、小魚を食べる量が少なくなったと言われています。日本の文化でもある小魚を、献立の工夫をして、普段食事の中に上手く取り入れたいですね。今日の小魚の小さなカタクチイワシの煮干のことを、「いりこ」とびます。いりこは、食べる煮干しとしても売られています。よくかんで食べてください。

            

富士見小学校には給食室があり、調理師さんたちがおいしい給食を作ってくださいます。
できたての温かい給食をいただいています。
ページトップへ