平成27年 7月 3日(金)

「ほうれん草」

ご飯
ハマチのから揚げねぎソースがけ
ほうれん草の胡麻あえ
豆腐のすまし汁
牛乳
 
使用食材産地
【ごはん】 【ほうれん草のごまあえ】
 精白米 長野富士見  キャベツ 長野富士見
 ほうれんそう 長野原村
【魚のから揚げねぎソース】  ごま(すり)白
 はまち 50g  だし汁
 清酒(上撰)  うすくちしょうゆ 長野
 しょうが 高知  清酒(上撰)
 こいくちしょうゆ 長野
 薄力粉 【豆腐のお吸い物】
 かたくり粉 原材料産地北海道  木綿豆腐 原材料産地長野
 米サラダ油  にんじん 千葉
 ねぎ 茨城  ぶなしめじ 長野飯田
 清酒(上撰)  水
 三温糖  だしパック
 本みりん  うすくちしょうゆ
 うすくちしょうゆ 長野  塩 徳島
 ごま油  切りみつば 愛知

牛乳は長野県産65%、八ヶ岳周辺(山梨県北杜市)35%の合乳です

  7月の給食に、ほうれんをたくさん使っています。今の時期富士見町原村地元でとれたほうれん草が多く出まわります。

ほうれんとされています。それは、ほうれんつためにしい気候み、高温にはいという特徴があるため、かつては以外期間生産されていたからです。しかし、近年しいな地域でも栽培されるようになりました。そのため、今では1年中べられるようになり、でもしい富士見町では出荷されています。夏場のほうれん草はどんどん大きくなるため、短期間収穫できます。