ふじみっ子美術館


1年

いろいろペッタン   
       
模造紙を長くつなげて、ローラーや型押しの道具、身近な材料を使って紙に写しました。紙の端から端まで体全体を使って楽しく造形遊びができました。  これは、桃の入っていたネットでペッタンしました。何に見えるかな?目に見える?  これは、卵ケースの底をペッタンしました。何に見えるかな?お花に見える?  1人1枚ペッタンしたものが何に見えるか考えて、そこに絵を描き加えていきました。 
ならべてつんで   紙コップと紙皿をならべたり、つんだりして造形遊びをしました。どんな並べ方や積み方ができるか工夫しました。
       
       

2年

すてきなぼうし   
3学期,図工の時間に「すてきなぼうし」を作りました。三角ぼうしにシルクハット,自分の頭の大きさに合わせてつくりました。  帽子ができたら,飾り付け。どんな飾りがすてきかな?紙を切ってはったり,工作して取り付けたりいろいろな工夫がみられました。  見て見て!!すてきでしょ?教室にステージを作ってファッションショーを行いました。どの子もお気に入りのぼうしができあがりました。  
光のおくりもの    
11月に「光のおくりもの」の学習をしました。初めてカッターナイフを使うので,安全に気をつけて行いました。初めはこわごわだったカッターナイフも上手に使いこなせるようになって,楽しい模様ができてきました。  黒い画用紙にお気に入りの模様ができたら,色とりどりのセロファンをはりました。光にすかすととってもきれい!!  色を重ねて新しい色も発見しました。たて一列が一人の作品です。模様をどう並べるかも考えました。  廊下にずらりと作品を飾りました。外からのやさしい光を通してとってもきれい。廊下を歩くのが楽しくなりました。 
つんでならべてカップランド   
10月に,大量の紙コップと紙皿をならべる造形あそびをしました。初めは一人一人の場所から・・・どんどんつなげていこう。コップとコップの間に次のコップを重ねると安定したよ。  丸く重ねていったら,私がすっぽり入ってしまったよ。このまま高く積んだらどうなるかなあ。倒さないようにバランスよくね。  あちらこちらにピラミッドができてきたよ。まるで,国みたい。ようし,もっと高く積むぞ。  長くつなげたり,高く積んだり友だちとつながったりしながら,体育館中がカップでうめつくされていきました。 
新聞紙ワールド  
5月,新聞紙を使った造形あそびをしました。新聞紙で何ができるかなと考えて,「しきつめる」「つなげる」「くしゃくしゃにする」「やぶる」「体にかける」などいろいろな方法で新聞紙の質感を楽しみました。  図工室で新聞紙をつなげました。テープやのりを使わなくても,ねじったり,重ねたりすればつながっていくことを発見した子どもたち。いすや机の下や上を乗り越えて廊下まで形を変えながらのびていきました。  くねくねくねくね・・・いすのトンネルを通ってどこまでも進むよ。友だちと合体してもっと長くなった。楽しいね。  水道の近くを通したら,まるで水道から水が流れ出したみたい!!新聞紙がいろいろなものに姿を変えていきました。 

3年

わたしの貯金箱    
芯材のかたちから、自分が作りたいもののイメージをもちます。その後、芯材のまわりに紙粘土をつけて,絵の具で着色します。  自分だけの貯金箱の完成です。  廊下にずらっと並んだ貯金箱。   
多色刷り版画   
       
自分が気に入った物語の一場面の挿絵を写します。写真は、下絵の下にカーボン紙を置いてなぞり、木板に線を写しているところ。  線に沿って彫刻刀で彫ります。初めての彫刻刀に緊張しながらも、次第に慣れていきます。彫刻刀の特徴を生かして線を彫ります。  板に色をつけて、黒い紙に写していきます。  確認しながら、色がずれないように写していきます。 
       
完成です。  完成です。     

4年

すてきなペーパーショップ   
     
 ぐるぐるうずまきだって、簡単じゃありません。真剣に、慎重に。すてきな模様めざしてがんばります。  自分だけの色。自分だけの模様のすてきな紙を作ります。絵の具をたらしてみたり、画用紙に傷をつけてクレヨンでかいてみたり。 絵の具やクレヨンだけが道具じゃありません。指だって手のひらだって、おもしろい色ができますよ。 
てんこく   
     
じぶんだけの印を作って書写の作品についちゃおう。てんこくの小坂先生に教わりました。  小さな石に字を刻むのは力がいります。自分で考えてきた字のようにいい字に刻めますように。  やった。できた。さっそく紙に印をついてみたら・・・。うーんいい感じ。とてもよくできたよ! 
つないでつないで   
     
富士見小の森にころがっているたくさんの木をつないだら、とってもすてきな基地ができそう。みんなで力を合わせて、ひもでつないでみよう。  「この木をたてて、この枝をしばりつけようよ。」「じゃあ、ここ持ってて。」「でも、どうやったらうまく結べる?」力も知恵も出し合って、みんなで楽しい作品作り。  ね、葉っぱのついている枝は屋根になるし、手作りのはしごだってついているんだよ。すてきでしょ! 
きっとここにいるよ 学校のどこかにひっそりとかくれて暮らしている住人がいます。それぞれ想像して、お話も考えました。    
     
これは地球によく似た星。でもとても小さいので地球の上にあっても気づかれません。 このウサギは、いつも木によりかかって休んでいます。そして、中庭にたくさんあるクローバーを持っています。とてもはずかしがりやなので、すぐにかくれてしまいます。  としょかんのじゅうにんは、星の本を静かに読んでいます。としょかんのじゅうにんは、みんなが気づいてくれるのをずっとまっています。 

5年

       
       
       
       

6年

土器作り   
社会の学習とかかわって、粘土の造形では土器作りにチャレンジしました。粘土を紐状に細長く伸ばしたものを重ねていって作ってみたり、平らにのばしたところに縁をつけて作ってみたりと、いろいろ試しながら自分のイメージする土器を目指しました。ところが粘土が軟らかすぎて、すぐにつぶれたり垂れ下がってしまったりして、なかなか思うようにできず苦労しました。昔の人はどうしてあんなに上手にできたのかと、不思議なくらいでした。余った粘土で埴輪を作る人もいて、いろいろ楽しみました。 
     
思い出の校舎   
今まで生活してきた校舎を、自分の一番好きな場所から描きました。校舎をじっと眺めながら、遠近法を使って校舎が立体的にみえるように描くこと、着色の工夫をすることを課題として描いていきました。絵を描きながら色々な思いがよみがえってくるようで、お世話になった校舎に感謝の気持ちをもちながら描いている人もたくさんいました。思いを込めてていねいに描きあげた作品は、思い出深い作品となって残りました。 
     
12年後のわたし   
12年後の社会に出るときの自分を想像して、夢を抱きながら立体に表わしてみました。なかなか将来の夢を語らない人も、「自分はこうなりたい。」「将来の夢を叶えられるようにがんばりたい。」との思いを込めて作っていました。できあがりは、輝かしい未来がいっぱいに広がっていて、見ていて幸せな気持ちになりました。ぜひ夢を叶えていって欲しいです。 
     
チャレンジ ボールコースター   
班ごとに材料を持ち寄り、思い思いのボールコースターに挑戦!目指すはピタゴラスイッチのようなコースター!それぞれの部分を分担して作ってからつなげてみたり、みんなで試行錯誤しながらコースを作っていったり、アイディアを出し合いながら進めていました。ボールの大きさがどんどん変わるコースターやてこの原理を利用したコースターなど、それぞれの工夫がいっぱい詰まったコースターが完成しました。