2019年度 PTA活動
今年度もPTA教養部の役員さんが、このページを作成してくださることになりました。
保護者の視点から取材し記事を作って、PTAの活動を発信していきます。

夏休みプール監視当番
7月29日から5日間、プール開放がありました。
例年は実施期間が8日間でしたが、今年は5日間と短くなり、時間も午前のみの開放となりました。
6年生を中心に、先生・保護者と協力し、怪我や事故の無いように、安全で楽しい時間を過ごすことが出来ました。
梅雨明け後ということで、5日間とも天気が良く、絶好のプール日和でした。
各々の学年に分かれて、潜りの練習や泳ぎの練習をして、それぞれ頑張りながらも楽しんでいました。

救急救命法講習
講師の先生方は消防士として現場に出て救急救命をされている四人の方が来校して下さいました。
救急車が来るまでの間 私達がどれだけの事を素早く出来るか、どう対応したら良いか救命の大切さを教えてくださいました。

ダミー人形で心臓マッサージをするのですが
①まずは胸骨を探す(首の下の骨 から指3本を立て、3回下に下げたくらいの所で押すと痛い)

②胸骨を垂直に真上から5㎝くらい沈むように押す(赤ちゃんは指1本で押す)

③1分間 100〜120回のリズムで

実際にやるととても難しい事がわかりました。
皆さん真剣で素晴らしい講習会でした。
学校のAEDのケースを保管場所から取り出す時大きな音が鳴りますが、セコムに通報されないので、自分で通報(119)する。

学校のAEDのケースの中には 写真にあります機器の他に
体毛処理テープ
ペーパーナプキン
 蘇生マウスピース 
 ゴム手袋   
テーピングバサミ
タオル(感電防止の為、濡れているところを拭くなど)
未就学児用(これを刺すと赤ちゃんなどに対応した低い電圧がながれる。)
今回これらの使い方も講師の先生に教えていただいたので、知る事ができました。
もう学校のプールは終わってしまいましたが、色々な場面でAEDや救急救命は役に立つと思います。
少し参考になれば嬉しいです。

家族がたったこれだけの事で他人に命を助けて貰えたら本当に感謝ですよね。

ネットでも救急救命の仕方AED(色んな種類の物があるようですが。)の使い方紹介していました。お時間がある時是非ご覧になってください。


PTA講演会
620日体育館にて、本郷小学校教頭の中村新治先生を講師に迎え「親も子もみんなが笑顔でいられるように~さあ!何からはじめましょうか?~」と題して人権についてご講演いただき、36年生の児童とPTA会員が参加しました。

「いろんな人がいることをわかり合おう」「みんな違ってみんないい」と中村先生の作る雰囲気に包まれた子ども達は、先生の問いかけに学年を問わず活発に自由に発言していました。ところが「違うということが様々な場面で問題になってくる」と、いじめのはじまりやトラブルを招く心の隙に話題が及んだとたん雰囲気は一転、皆さん真剣に聞き入っていました。 「ひとりひとりが誰かにとって大切な誰かなのだから、傷つけていいはずがない」そのためには「お互いに本音で話ができることが大切」と、おだやかながらもきっぱりとお話しされた中村先生の講演は、他者への接し方や言葉の選び方を改めて考えさせられる貴重な時間となりました。

読み聞かせ講座
PTA懇談会終了後、原村図書館・原中学校司書の宮坂順子先生による、読み聞かせ講座が行われました。 なぞなぞの本から参加者に問題を出して頂き、楽しく場が和んだところで講座が始まりました。今回は12冊の絵本を紹介して頂きました。数え方の絵本ではリズムを付けてテンポ良く読むこと、童歌の絵本や紙芝居では手遊びを交え空想の世界を想像させることなど、先生の声掛けで参加者の皆さんは楽しみながら絵本の読み方を学びました。手遊びやなぞなぞをしながら読むと、子ども達はとても喜んで見てくれるとのことです。 「読書は心の栄養、読み聞かせは耳から聴く読書。是非図書館へ足を運び沢山の絵本と出会って、子どもとの楽しい時間を共有して下さい。」と笑顔でお話して下さいました。

運動会
令和元年度 駐車場誘導の様子



運動会前日準備
令和元年運動会前日!
準備の時間に合わせ雨が降り始めました。
雨でも当日の天気は良さそうなので、やらないわけにはいきません。分担場所に別れ雨足の強くなる中一気に十個のテントが建ちました
テントが当日飛んだり動いたりしないように杭を打って縛り付けたりと  翌日子供の晴れ舞台を楽しみに思うから出来る作業なのです。
先生 本部役員の皆さんはその後も駐車場準備などしていただきました。先生はじめ役員の方々の目に見えない事前準備もありスムーズに無事終える事が出来ました。
さて令和最初の運動会どうなったでしょうか?
第1回PTA評議委員会
4月8日(月)に平成31年度 第1回評議員会が行われました。
PTA会長挨拶の後、校長先生にご挨拶いただきました。これから一年間PTA活動をしていくにあたり、気持ちの持ち方で活動が変わり、それが子供達の笑顔に繋がる事を心に留めて活動していこう という大切なお話でした。
  そして始業式の時に、校長先生のお話と替え歌を、真剣な眼差しで、一生懸命耳を傾けて聴いていた子供たちの様子も教えていただきました。
今年度から新しく富士見小学校に赴任された13名の先生方を、校長先生から紹介していただきました。ご紹介の後、新任の先生方を代表して、向山先生にご挨拶をいただきました。
  初めて富士見に来たという先生方もいらっしゃると思いますが、一日も早く、本校と、この土地に慣れて、子供達と楽しく過ごしていただきたいと思います。一年間よろしくお願い致します。
会長と各部長から平成31年度事業計画(案)、事務の澤登先生から平成31年度PTA会計予算(案)の説明がありました。両案とも4月12日(金)のPTA総会で協議されます。
 最後に、牛山先生から何点か連絡事項がありました。PTA総会へたくさんの方に参加していただけるように、各クラスで呼びかけをしてほしいなどのお話でした。
  今年度のPTA活動がスタートしました。
ご理解とご協力をよろしくお願い致します。
ベルマーク集計
12月16日学級部が中心となり、朝早くから大勢の方が集まり、視聴覚室と図書館に分かれてベルマーク集計が行われました 各家庭で集めていただいたベルマークを1つ1つ丁寧に余分な部分を切り取り、数えやすいようにまとめていきました。ベルマークによっては、細かいものもあり大変でしたが、皆さんの力で集計することができました。
学級部、世話役、施設部の皆さんありがとうございました。
PTA教育フォーラム
11月10日、PTA教育フォーラムがコミュニティープラザで行われました。「RJサークルって何だろう!?」~豊かな人間関係を築くコミュニケーションとは~と題して、NPO法人RJ対話の会の理事、粂井祥宏先生にご講演頂きました。
修復的正義(RJ: Restorative Justice)に基づくRJトーキングサークルを通し、お互いを尊
重して話し合う「対話」をもって、人間同士の関係の改善を目指す手法を学びました。
例えば「会話」と「対話」の違いの説明からお伺いし、前者が自分の価値観で話の内容に判断を加えるのに対し、後者は判断をせず相手の話に耳を傾ける姿勢であること、またコミュニケーションとは傾聴=対話とアサーション(違いを認めお互いを尊重すること)の2つのスキルで成り立っており、訓練を必要とする事を学びました。 後半は、参加者が各グループに分かれて輪になって座り、実際にRJサークルを体験しました。
第2回PTA作業
雨が降る中でしたが、学校敷地内の道路の砂利敷き、特に穴ができてしまった部分を丁寧に埋めていただきました。
また、予定されていた富士見公園の草刈り、花壇整備はそれぞれベルマーク集計、トイレ清掃にまわっていました。 雨の中での作業のため大変な作業でしたが、おかげでとても綺麗な学校になりました。明日から子供たちが安心・安全な学校生活を送ることができます。先生方、担当地区3区の保護者の皆様、施設部員の方々お疲れ様でした。そして、ありがとうございました。
プール監視当番
夏休み中の8日間学校のプール開放があります。保護者の方が各回8名、子ども達の安全のために当番にあたります。
子ども達の持ってきたプールカードを集めて確認して返却するカード係、子ども達の様子を見守る監視係、大小プールで指導を行う指導係に分かれて活動します。
暑い中、1時間半にわたりプールサイドに立つのは大変そうでしたが、こうした地道な活動のおかげで子ども達は健康的な夏休みを過ごせています。

救急法講習会
夏休み期間中のプール開放に伴い、子供逹の安全を確保するための「救急法講習会」が富士見消防署4名の講師の方の講習により行われました。



運動会
PTA役員の駐車場誘導



運動会前日準備
5/25(金)午後3時より運動会の前日準備が行われました。 本部席と子ども達の応援席に日除けのテントを設営しました。 初めての人も手慣れた人も、大勢が集まればあっという間に完全です。 後は本番を待つばかりです。
4月9日PTA評議委員会
 4/9(月)夜7時より視聴覚にてPTA評議会が行われました。 PTA会長挨拶の後、新任職員ご紹介。 その後各部の平成30年度の事業計画案と予算案の協議があり、今年度のPTA活動がスタートしました。